1. ホーム >
  2. 発明協会の表彰事業 >
  3. 全国発明表彰 >
  4. 受賞者の発表 >
  5. 受賞発明・意匠概要

発明協会の表彰事業

平成29年度全国発明表彰 受賞発明・意匠概要(敬称略)
第一表彰区分一覧へ第二表彰区分一覧へ

恩賜発明賞
動体追跡粒子線がん治療装置の発明(特許第5896211号)
藤井 祐介
株式会社日立製作所 研究開発グループエネルギーイノベーションセンタ 研究員
梅川  徹
株式会社日立製作所 研究開発グループエネルギーイノベーションセンタ
主任研究員
梅澤 真澄
株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット放射線治療システム事業部
主管技師
𡈽 博樹
北海道大学大学院 医学研究院 教授
梅垣 菊男
北海道大学大学院 工学研究院 教授
宮本 直樹
北海道大学病院 放射線治療科 助教
松浦 妙子
北海道大学大学院 工学研究院 准教授

発明実施功績賞
東原 敏昭
株式会社日立製作所 代表執行役 執行役社長兼CEO

 本発明は、動く腫瘍を高精度に照射可能であり、身体への負担が少ない粒子線がん治療装置を実現するものである。
 粒子線がん治療装置は、狙った腫瘍に集中して粒子線を照射できる。さらに呼吸等で動く腫瘍の位置が目標範囲にあるときのみ照射する動体追跡技術を融合することで、動く腫瘍に対しても高精度な照射を実現できる。一方、加速器を用いた装置の照射準備には数秒が必要であり、腫瘍の動きと照射準備のタイミングが合わないと治療時間が長くなる課題があった。
 そこで、腫瘍が目標範囲から外れたとき照射準備を開始することで、腫瘍の動きに同期して照射する制御手法を考案した。特長は照射準備開始前に待機時間を設けたことである。これにより、一度目標範囲を外れた腫瘍がすぐに範囲内に戻る不規則な動きがある場合にも照射可能となり、照射精度を向上すると共に治療時間短縮を実現した。
 本発明を適用して2014年より北海道大学病院にて治療を開始した。




次へ

表彰事業に関するお問合せ先

公益社団法人発明協会 発明奨励グループ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14
Tel:03-3502-5431/E-Mail:shourei@jiii.or.jp